【読書する時間がないあなたへ】読書効果を最大化する3つのコツ

読書したいけど時間の確保が難しい。
読書しても内容が頭に残らない。

こんな、悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

そもそもビジネスパーソンは多忙な方が多いので時間の確保は大変だという方が多いです。

【読書する時間がないあなたへ】

読書効果を最大化する3つのコツ

今回の記事はこんな方におススメです。

おすすめな人
  • 読書時間を確保したい
  • 効率よく読書したい
  • 読書の内容を忘れがち

自分も今回紹介する方法を実践して読書量が2倍になりました。

読書した内容も以前よりも記憶に残るようになったと実感しています。

その秘訣は本の読み方です。

ポイントは3つです。

チェックポイント
  1. 何のために本を読むのか認識する
  2. 全てを読む必要はない
  3. 要約してみる

では1つずつ見ていきましょう。

この記事は2~3分くらいで読める内容となっています。

目次

何のために本を読むのかを認識する

読書の効率性を考えるときにまずは読書の目的を明確にする必要があります。

読書の目的を自分自身が理解できていると読書の効果は上がります

そもそも、読書するには目的があるはずです。

この本を通して何を得たいのかをはっきりさせる必要があります。

ビジネス本であれば「スキル」を得るため。

絵画の本であれば「絵画の美しさ」や「絵画の与える印象」からの気持ちの変化

小説であれば「高揚感」など味わうため。

読書の目的を理解していることで集中力が高まり、効果が大きく変わります。

まずは本を読む前に目的を整理してみてください。

すべて読む必要はない

本は小説などストーリーがあるもの以外は大体は章立てで構成されています。

ほとんどの人は本を導入部からあとがきまで順番通り読んでいるのではないでしょうか?

そんなことする必要はありません。

自分が必要な箇所のみ抜粋して読むことをおススメします。

必要な箇所のみ読むことで時間が短縮でき頭に入れたいものも絞ることが出来ます。

自分もビジネス本であれば4章で構成されていても3章だけ読むなどという事をしています。

残りの1章は以前、他の本で読んだ内容や既に知っている内容は省いています。

実践することで読書の時間短縮と効率性を手に入れました。

要約してみる

本の内容を要約する。

要約することで内容が頭の中に定着します。

自分は章ごとに要約して本の一番最後の余白に記入しています。

「つまり、この章で筆者が言いたいことは~」とこんな感じです。

要約はアウトプットです。

アウトプットすることで本の内容が頭に定着します。

アウトプットでより、記憶として定着します。

まとめ

おさらいすると本の時間を確保したり効率化するには

本の読み方が重要。

おさらい
  1. 何のために本を読むのか
  2. 全てを読む必要はない
  3. 要約してみる

読書を効率化することで時間も確保でき他の事にその時間が使えます。

また、読書はスキルや知識、良い感情をもたらしてくれます。

読書は人生を豊かにしてくれます。

今回紹介したコツを実践することで読書効果を最大化できます。

今回はこちらの書籍を参考にしています。

また、さらに読書時間と効率を最大化したいという方は以下もおススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました_(._.)_

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる