【MOKUタオルレビュー】サウナのおススメタオル紹介

サウナタオル

生産性を高めて人生に豊かさを
こんにちはナオキです

サウナに行くのに普通のタオルで良いの?

今よりもサウナのクオリティを高めたい

こんな悩みや願いを持っている方もいるのではないでしょうか?

そんなあなたの悩みを解決するアイテムがあります。

それは

MOKUタオル

です。

サウナの為に開発されたタオルといっても過言ではないです。

MOKUを知ってしまった私はもう、普通のタオルには戻れません。

NO MOKU NO LIFE

この記事を読むとなぜ、サウナにとってMOKUタオルがおススメなのかが分かります。

こんな人にこの記事はおススメです。

こんな人におススメ
  • サウナにマッチするタオルを探している人
  • サウナのクオリティQOS(Quality Of Sauna)を上げたい人
  • MOKUタオルって何?と気になっている方

記事を読み終わるころにはあなたはすでにMOKUの素晴らしさを知っているはずです。

目次

MOKUタオルとは

MOKUタオルと聞いて「MOKUタオル?」と思った方もが大半なのではないでしょうか?

自分も初めは同じようなリアクションでした。

MOKUタオルというのはkontex(以下、コンテックスと表記)というタオルの会社が販売しているタオルの事です。

コンテックスは1934年に愛媛県今治市に近藤タオルとして創業したタオルメーカーです。
タオルやマスク、靴下などタオルや生地製品を扱っている会社です。

詳しい事業内容はこちらを参考にしてください。

コンテックスHP

コンテックスの数あるタオルの中で一番人気のシリーズがMOKUシリーズです。

手ぬぐい以上タオル未満のキャッチフレーズの通り、絶妙な使い勝手の良さを体現した最強タオルなのです。

MOKUタオルの良いところ

kontex公式HPより引用

部屋干し1.5時間で乾く速乾性

kontex公式HPより引用

これは私も実際に使い実感しています。

この夏、キャンプに出掛けたのですが川遊びするとタオルなど濡れてしまいます。

濡れる事を想定してある程度、タオルを持っていくのですがタオルの量が多くなり、荷物が多くなる。

悩んでいました。

そんな問題をMOKUは解決してくれました。

MOKUは絞ってその場で干しておけばすぐに乾くので重宝します。

外であれば天気にもよりますが40〜60分くらいで乾く印象です。

すぐに選択できない場所に持っていくにはおススメです。

今治クオリティの吸水力

kontex公式HPより引用

自分も最初は薄いので

本当に吸水力あるの?

と疑っていました。

すいません、その疑いはすでに晴れました。

これでもかというほど水分を吸います。

また、絞る時に力をそんなに入れなくても良い。

タオルを絞るのって意外と力が要りますよね。

しかし、MOKUは少しの力でしっかり絞れます。

女性や子供でもしっかり絞れます。

重さわずか50グラム(通常のタオルの半分)

kontex公式HPより引用

本当に軽いです。

タオルは意外とハンドタオルでさえ出かける時にスペースを取りますがMOKUはコンパクトにたためるのでその心配が要りません。

また、タオルって数が増えると意外と重量を感じますよね。

しかし、MOKUであれば50gなのでそんな心配をする必要はありません。

持ち運びに非常に便利です。

長さ100センチの絶妙な使い心地

kontex公式HPより引用

長すぎず短すぎず、絶妙な長さです。

フェイスタオルだと物足りないのですがMOKUであれば様々な用途に適用できます。

短くもないのでサウナハットではなくMOKUを頭に巻いてサウナに入ることも可能です。

カラーバリエーションが豊富でオシャレ

kontex公式HPより引用

沢山のカラーバリエーションでかつ、オシャレなのでサウナやスーパー銭湯でも自信をもって使用できます。

こちらの公式ではさらに詳しく紹介されています。

公式HPはデザイン性も優れて見ていて楽しくなるのでぜひ、覗いてみてください。

MOKUシリーズ

MOKUタオルがサウナにとってなぜ、良いのか?

ここまで読んでいただいた方はMOKUタオルのすばらしさを分かっていただけたかと思います。

ここからは何故、MOKUタオルがサウナにとっておススメなのかを解説していきます。

私があなたに一番伝えたいのはこの部分です。

こちらが実際に私が使用しているMOKUタオルです。

ホームサウナの草加健康センター(SKC)とのコラボタオルです。

速乾&吸収がサウナにとって相性が抜群。

まずは何といってもこの機能です。

サウナの後は水風呂に入りますよね。

水風呂から外気浴に移る際、体の水分をすべて拭き取ります。

体の水分をふき取る事で外気浴のパフォーマンスが上がります。

ととのいのクオリティが大きく変わります。

その際に

体拭く→絞る→乾く→吸収UP

タオルのクオリティが常に一定にキープできます。

無限ループに突入します。

無限ループの画像

普通のタオルですと水分を吸ってしまうと絞るのに結構な力が必要であるのに加え、すぐには乾きません。

サウナ3セット目くらいにはタオルは水分を十分に吸収する事は出来ず、天に召されています。

自分はサウナは最低でも4セットは行うのでタオルの死亡した4セットQOSは下がりがちでした。

しかし、MOKUが4セット目のQOSをよみがえらせてくれました。

この速乾性と吸収性の実現はMOKUタオルが綿100%なうえ、今治の熟練工が丁寧に不順分を落としているMOKUタオルからなせる神業なのです。

この速乾性&吸水性がサウナのためのタオルの所以です。

やわらかい

サウナ中は5感が敏感になっています。

手ぬぐいはゴワゴワしており、普通のタオルは繊維が肌に対して攻撃的なものもあります。

私はMOKUタオルを知ってしまってからもはや普通のタオルが使用できない程、MOKUタオルはやわらかい。

さらにMOKUは肌触りが優しい為、やさしく包み込まれるような感覚に陥ります。

やはり、あの肌触りはMOKUにしか出せないのでしょう。

サウナMOKUとして開発されている

すでにコンテックでサウナMOKUとしてサウナ用のデザインでタオルが販売されています。

私、感動しました。

サウナが好きすぎてサウナのためのタオルを開発されている。

もはやサウナーのための会社です。

サウナのイメージに合ったようなデザインはこれまた、おしゃれです。

気になる方は覗いてみてください。

サウナーの方は必見の内容となっております。

サウナMOKU

まとめ

いかがでしたでしょうか?

タオルによってサウナのクオリティは大きく変わります。

MOKUがいかにサウナにとって必要な存在かお判りいただけたと思います。

それほど素晴らしいタオルです。

サウナ4セット目でも耐えることできる吸水性と速乾性。

ちょうど良い長さ、重さを感じない重さ。

あの包み込むような柔らかさ。

まさにタオル オブ タオルの称号をほしいままにしています。

私は施設で貸し出しているタオルはもはや使えない体になってしましました。

MOKUのタオルを使用することで

あなたのQOS(Quality Of Sauna)は間違いなく高まります。

MOKUのないサウナはQOS、がた落ちです。

さあ、MOKUを手にしてサウナに行く準備はととのいましたか?

こちらは私のお気に入りの色、ネイビーです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サウナタオル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる