ととのうを目指す!!サウナの正しい入り方【外気浴が重要!!】

「ととのう」ってどうすれば体感できる。
サウナには入るけど外気浴って何?

こんな疑問を持っている人は必見です!!

「ととのう」サウナの正しい入り方【外気浴が重要!!】

サウナには行くけど「ととのう」という体感が出来ていないという方は恐らく、サウナに正しく入れていません。

サウナに入る。

もしくは、サウナ→水風呂に入る。

までは行っている人も多いのではないでしょうか?

自分も実際にサウナでサウナ→水風呂で上がってしまう人をよく見かけます。

しかし、残念なことにサウナ→水風呂のみでは「ととのう」ことは難しいです。

サウナは

サウナ→水風呂→外気浴

が正しい入り方です。

そして、ととのう為には正しい

外気浴

が非常に重要になってきます。

正しくととのうために外気浴について説明していきます。

おさえるポイントは3つ!!

ポイント
  1. 「ととのう」って何?
  2. 外気浴はなぜ、重要?
  3. 正しい外気浴のやり方

正しくサウナに入ることでととのうことができます。

ととのうことで今まで感じたことが無い「多幸感」「恍惚感」に見舞われます。

目次

「ととのう」って何

ととのうとはサウナに入った後に「多幸感」や言葉では言い表せない「恍惚感」に見舞われる現象です。

引用:サ道

この「ととのう」といった感覚を味わいためにサウナを愛する人が多いのです。

余談ですがこのサウナを愛する人を「サウナー」とも呼んだりします。

では、ととのうメカニズムについて簡単に説明します。

サウナに入るというのは高温の部屋に入るので人体にとっては危機的状況です。

その時には交感神経が優位に働いてます。

交感神経とは簡単に言うと体を覚醒させる神経です。主に活動時に優位になります。

また、体温も上がり、血流もは速く流れています。

そのような状態からサウナ室を出て水風呂に入ります。

水風呂に入ることも体の温度が下がり、冷たく危機的な状況です。

しかし、体温も水風呂に慣れていき、気持ちよくなってきて徐々に副交感神経が優位になります。

副交感神経とはリラックス時に優位になる神経です。寝る前など体を休めるときに優位になります。

そして、体が冷やされるため、血管は収縮して脳に血流が凝縮されます。

その状態から外気浴に出る事で血管が拡張され、血流が全身にいきわたる時に今まで冷えていたからだが「ふわっ」と温かくなっていく感じに陥り、「多幸感」「恍惚感」に見舞われます

体の血中にはアドレナリンが残り、覚醒しているが体はリラックス状態に陥っている状態になっています。

簡単ですがこれが「ととのう」のメカニズムです。

外気浴は何故、重要?

前章でも説明した通り外気浴中にととのうという状態に陥ります。

サウナ、水風呂で体を危機的状況に追い込み、交感神経が優位になっています。

それが外気浴で徐々に副交感神経優位にスイッチしてサウナの目的である「ととのう」という状態に導かれます。

この交感神経優位→副交感神経優位のリラックスモードに入るために外気浴は必須です。

サウナ→水風呂からすぐにサウナに入ると常に交感神経が優位のため体はリラックスモードに入れず「ととのう」は訪れません。

外気浴を通して初めて「ととのう」時間が訪れます。

サウナ→水風呂→外気浴でサウナは1セットです。

それぞれに正しい入り方があります。

ちなみに水風呂の正しい入り方はこちらを参考にしてください。

外気浴はサウナにおいて非常に重要なのです。

正しい外気浴のやり方

水風呂を出て外気浴に突入しますが外気浴にも正しいやり方があります

こんな感じで外気浴できるとベストです。

正しく、外気浴をすることでしっかり、ととのうことが出来ます。

外気浴というくらいですから露天スペースがあるとよいのですがない施設もあります。

その場合は室内でもOKです。

では、外気浴の正しい入り方を順を追って説明します。

体をふく

水風呂を出た後は体は当然、濡れています。

まずは体をきちんと拭きましょう。

体を拭かないと体が冷えてしまい、ととのうことが出来ません。

個人的には濡れたタオルで拭くことをおススメします。

乾いたタオルだと汗が出てきてしまい。少々気持ち悪いので。

座る、横になる

体を拭いたら次は椅子に座ったり、腰掛けスペースに座りましょう

サウナ施設には椅子が置いてあるところもあります。(これをととのい椅子)と呼びます。

椅子がない施設は腰を掛けるところ、それもなければ体を洗う腰掛け椅子でも良いです。

横になるスペースがある施設は横になったほうがディープにととのえますのでお勧めです。

やってはいけないことは「立つこと」です。

立ってしまうと重力に逆らって血液を循環させるので心臓に負担がかかります。

必ず、座るようにしましょう。

水風呂から出たらすぐに座る

真にととのう為の時間は水風呂から出て約2分と言われています。

そのため、水風呂からでら速やかに座るようにしましょう。

施設によっては水風呂から椅子までの導線が長いところもありますが速やかに移動しましょう。(転ばないように注意しながら)

自分の感覚では水風呂から出て10秒以内には着席したいです。

まとめ

ととのう為の外気浴の重要性、分かっていただけたでしょうか?

「ととのう」という状態になるために外気浴が必要な事。

サウナ→水風呂→外気浴でサウナは1セットと呼びます。

そして外気浴でととのう事で本当にサウナの価値を知る事が出来ます

今まで外気浴をしておらず、ととのうという感覚を知らない方は外気浴を正しく行ってみてください。

今まで、体感したことが無いような「多幸感」「恍惚感」に見舞われます。

自分はととのうことで仕事のパフォーマンスも上がりました。

ととのう確率を上げたいという方はこちらのアイテムが役立ちます。

正しくサウナに入り、ととのうことでビジネスマンとしてのパフォーマンスは爆上りすること間違いないなしです。

今回の記事はこちらの書籍を参考にさせていただいています。

最後までお読みいただきありがとうございました_(._.)_

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる