嘘ではないです。知らないと9割損!水風呂のメリットと正しい入り方

生産性を高めて人生に豊かさを
こんにちはナオキです

水風呂って冷たくて入ることが出来ないんだよね。

そもそもサウナの後に何で水風呂ってなんで入るの?

こんな疑問や悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

実際、サウナー大学学長である私も初めは水風呂の存在が意味不明でした。

謎

しかし、サウナを学ぶにつれ水風呂の意味と重要性、偉大さに気づくことが出来ました。

結論から言うとサウナと水風呂はセットです。

サウナだけ入って水風呂に入らないというのはサウナのポテンシャルを9割下げています。

本日の授業は水風呂についての説明です。

この記事を読むことで水風呂の重要性と意味を知ることが出来ます。

そして、本当の意味でのサウナの気持ちよさ、素晴らしさを知ることが出来ます。

さぁ、準備は出来ましたか。

早速、授業開始です。

目次

サウナに水風呂ってなぜ、必要?

サウナに行くとほぼ、隣のスペースに水風呂ってありますよね。

多くの方は「水風呂って何のためにあるの?」と思うのでは。

実際、自分もサウナに入る前は湯船に入ってから足だけ水風呂に入れる意味不明な行為をしていました。

しかし、サウナと水風呂の関係は非常に重要です。

サウナは水風呂がメインディッシュ

と言われるほど重要な存在です。

ステーキでいうところの付け合わせの野菜がサウナ、ステーキが水風呂の印象です。

ステーキ

ステーキ、サウナ飯としても最高ですよね。

サウナに入り、水風呂には入らないというのはもはや、サウナへの冒涜です。

好きな人とデートに出かけるのに素っ裸で出かけるのと同等なくらい愚かな行為です。

次はそんな水風呂の3つのメリットと正しい入り方を説明します。

水風呂のメリット

ここでは水風呂に入るメリットを説明します。

「ととのう」為に必要不可欠

ととのった

「ととのう」とはサウナに入った後に多幸感や言葉では言い表せない恍惚感に見舞われる現象です。

この「ととのう」といった感覚を味わいたいがためにサウナを愛する人が多いのです。

ととのうという事を詳しく知りたいという方はこちらも覗いてみてください。

サウナの究極リラックスモード「ととのう」メカニズム、教えます!

ととのう為には体を急激に冷やす必要があります。

その為、ととのうにおいて水風呂は必須です。

健康にプラス

サウナは健康にも良いという事は医学的にも証明されています。

サウナ→水風呂により温冷交代浴が発動されます。

この温冷交代浴が血行が改善されたり、脂肪燃焼を助けるなど多くの効果があります。

湯冷めしない

水風呂に入ると反対に体が冷えて湯冷めしそうと思う方もいるかとは思います。

しかし、水風呂に入ると体は熱を逃がさないように毛穴や血管を収縮させます。

結果、体内の熱を閉じ込めようとするので湯冷めをしなくなります

気持ちいい

水風呂の最大のメリットはシンプルに

気持ちいい!!

純粋にこれにつきます。

水風呂に入ると「あぁぁぁぁ」と声が出てしまう、程気持ちが良いです。

あなたも見たことがあるのではないでしょうか?

水風呂で「あぁぁぁぁ」と歓喜の声を上げている紳士たちを。

確かに水風呂は初めは冷たくとても入れるものではないと感じる方が多いかと思います。

水風呂に入り、しばらく、動かず、耐えます。

そうすると、体の周りに水風呂の冷たさと体の温かさから皮膚と水風呂の境目に温かい温度の層ができます

この層がサウナ業界で有名なかの

はごろも

です。

はごろもはできるのに30秒から1分ほどかかります。

その間、息をゆっくり吐きながら待っていてください。

はごろもさえまとえればあなたの勝ちです。

胴上げ

今まで体感したことのないような気持ち良さを間違いなく感じている事でしょう。

サウナーがサウナ室を出た後にゾンビのように水風呂に吸い寄せられていくのは、はごろもの気持ちよさを体験したい為です。

はごろもをまとうことで冷たくて嫌だと思っていた水風呂が「気持ちいい」という感覚に変わります。

水風呂の正しい入り方

ここまで水風呂のメリットを紹介してきました。

しかし、実際は水風呂に入るのは冷たくて無理、苦手という方も多いかとは思います。

そんな方にも水風呂に入りやすい入り方を紹介します。

初めての方はぬるい水のシャワーで体を慣らしてから入る事をおススメします。

それでもまだ、難しいという方は

息を吐きながら入る。

そうする事で体の横隔膜が上がり、心臓に負担がかかりません。

それでもまだ、難しいという方は

両手を上げて入ります。

イメージとしては胸の前で手のひらを合わせて合掌するような感じです。

手の指先は体の中でも神経が集中している個所です。

その為、冷たさを敏感に感じる場所なの指先を水に付けない事で冷たさを和らげることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

水風呂のメリットと入り方。

メリット
  • ととのう」為に必要不可欠
  • 健康にプラス
  • 気持ちいい

最初は確かに冷たく感じます。

特にサウナ3セットの内の1セット目は今でも冷たく感じます。

しかし、あえて言おう

慣れます

勇気を持って一歩を踏み出すかどうかです。

その一歩を踏み出すだけで人生を変えるほどの幸福感を自分は手にしました。

サウナに行き、水風呂に入らないという事はサウナの良さは間違いなくい90%減です。

あえて言おう

ギレンザビ

90%減だと

水風呂に入ったことが無い人は水風呂に入ることで人生を変えるほどの幸福感を味わえます。

間違いなく

QOS(Quality Of Sauna)

がさらに高まります。

水風呂とサウナの関係を医学的見地から知りたいという方はこちらの書籍も参考にしてみてください。

より、深く知ることが出来ます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる