サウナにおいて「ロウリュ」「アウフグース」って何?

サウナでロウリュ、アウフグースって聞くけど何?

こんな疑問を持っている方にはおススメの内容になっています。

ロウリュ、アウフグースについて教えます

この記事を読んと分かることは以下の通りです。

分かる事

ロウリュ、アウフグースについて

ロウリュ、アウフグースの正しい受け方

正しく知ることで安心してロウリュ、アウフグースを受けることが出来ます。

この記事は2~3分で読めるようになっています。

目次

ロウリュとは

ロウリュとは熱したサウナストーンにアロマ水をかける事です。

サウナの本場フィンランドでは「熱された蒸気」という意味です。

蒸気を発生させることにより体感温度を高めて発汗を促進させる効果があります。

アロマ水により高いリラクゼーション効果もあります。

また、自分でアロマ水をかけることが出来る施設もあります。

こちらは「セルフロウリュ」と呼びます。

アウフグースとは

ロウリュを行った後に立ち昇った蒸気をタオルで煽ぐ行為の事です。

発汗を促進させ、リラクゼーション効果を高めます。

「ロウリュ→タオルで煽ぐ」

これで1セットです。

大体、2~3セット行われます。

ドイツ発祥で「アウフグース」はドイツ語です。

日本では熱波とも呼びます。

アウフグースを行う人を「アウフグーサー」「熱波師」とも呼びます。

日本では熱波甲子園なるものも開催され、熱波師の腕を競い合っています。

アウフグースにより、サウナとロウリュの価値は飛躍的に上がります。

正しい受け方

これという正しい受け方はないのですがいくつかポイントがあるので紹介します。

セルフロウリュ

行う前に必ず「ロウリュいいですか?」と周りの方に声をかけてください。

蒸気は熱くなるので頻繁に行うとやけどの危険もあるので確認は必要です。

1回にかけるアロマ水の目安はひしゃくで2~3杯が良いでしょう。

かけすぎはサウナ室が高温になり、やけどのもとにもなります。

アウフグース

温度が高くなるので慣れていない方は下段に座ることをおススメします。

上段は自分でもきつい時があります。

熱波師の熱波を受ける時には

手を上げて全身で受ける。

背中で受ける。

黙って受ける。

等あります。

アウフグースが終わったら感謝の意を込めて熱波師の方にお礼と拍手を送りましょう。

また、サウナ室は高温になるので無理をしないように自分のコンディションに合わせましょう。

場合によっては1セットで出る事もOKです。

イメージはこんな感じです。

おススメ施設

おススメ施設をいくつか紹介します。

SKYスパヨコハマ

横浜駅直結のスパ&サウナ「スカイスパYOKOHAMA」 (skyspa.co.jp)

1時間ごとにロウリュ、アウフグースを行っているのでおススメです。

夜は混雑するので昼がおススメです。

かるまる

【公式】サウナ&ホテルかるまる 池袋|宿泊は直接予約が最安値 (karumaru.jp)

セルフロウリュ、オートロウリュともににあります。

時期によってはアウフグースのイベントも開催されているのでおススメです。

℃(ドシー)恵比寿

ドシー(℃)ドシー恵比寿 | ドシー(℃)公式サイト (do-c.jp)

アウフグースはないのですがセルフロウリュができるサウナ。

価格も安くコスパが良い。

昼間はサウナ利用の方も少ないのでおススメの時間帯です。

貸し切りでセルフロウリュを堪能できるなんてことも。。。

まとめ

ロウリュ、アウフグースはサウナの価値を飛躍的に高めてくれます。

ロウリュ、アウフグースを求めて遠方からサウナ施設を訪れる方もいます。

それほどサウナーにとっては価値の高いもの。

アロマの蒸気で浴びる熱波は本当に癒されます。

アウフグース後のととのいは通常とは比べものになりません。

バキバキです。

ぜひ、この記事を読んで興味を持ったという方はおススメ施設を訪れて体感してみてください。

やみつきになること間違いなしです。

そしてQOS(Quality Of Sauna)を高めてください。

また、アウフグースと合わせてととのい率を向上させたいという方はこちらのアイテムが役立ちます。

最後までお読みいただきありがとうございました_(._.)_

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる