教えます!!サウナに入ると出る赤い斑点の謎

サウナには行ったら赤い斑点が出た
これ何?
怖いんだけど、病気?

サウナに行って腕や足に赤い斑点が出て「何これ?」って思った方、多いと思います。

引用:湯遊ワンダーランド2巻

こんな感じのものです。

私も初めて斑点が出たときはサウナは熱いので火傷かと思いました。

今回はそんな赤い斑点が何なのか簡単に説明します。

この記事はこんな人におススメです。

こんな人におススメ
  • 赤い斑点の謎を簡単に知りたい
  • 赤い斑点が出る仕組みを簡単にしりたい

サウナに入ると出る赤い斑点の謎

結論から言いますと赤い斑点の正体はサウナ業界では「あまみ」と言います。

体に大きな害はないようです。

実際にサウナを出てしばらく経つともとに戻ります。

サウナ、水風呂、外気浴と温冷交代浴がきちんとできている証のようなものです。

では、簡単に解説していきます。

目次

あまみって何故、できるの?

体温と血液の関係

あまみは体温と血液と関係があります。

人間は体温が上がると血管が緩み血液が流れます。

また、熱を逃がそうとするために皮膚に近いほうに血液を流そうとします。

体が温まると皮膚が赤くなるのは皮膚の近くに血液が集まってきている証拠です。

俗にいう「火照った」という状態です。

反対に体温が下がると体は熱を逃がさないようにするために血液の流れを止めようとする為、血管を締めます。

また、皮膚表面に血液を流さないようにします。

その結果、皮膚が白くなります。

俗にいう「青ざめる」という状態です。

簡単に言うと体温が上がると皮膚は赤くなり、体温が低くなると白くなるという事です。

サウナとあまみの関係

サウナに入るとあまみがでるのはサウナと水風呂が原因です。

サウナに入ると体温が上がるため、血管が緩み、血液量が増え、体が赤くなります。

また、水風呂は体が冷えるため血管が締まり、皮膚表面の血液量が減り、体が白くなります。

そして外気浴であまみが出る。

なぜ、外気浴中にあまみが出るのか?

この時の状態は水風呂に入って体は冷えています。

しかし、サウナによって体の芯は温まっており完全に体は冷え切ってはいません。

その為、皮膚表面も温まっている個所は赤く、冷えている個所は白いという血液の流れが混在している状態です。

この皮膚が赤い状態と白い状態が混在して皮膚表面でまだらになっている状態こそがあまみの正体です。

あまみは体に良いの?

あまみが発生する仕組みは理解していただけたでしょうか。

次に気になるのは「あまみって体に良いの」ということですよね。

あまみ自体は体には害はないようです。

ただ、あまみを出すためにサウナに長時間入るなどすると体調を崩したりするので注意が必要です。

しっかりと自分のコンディションに合わせてサウナに入ってあまみが出た場合はそれは

温冷交代浴がきちんとできている証です。

サウナに入って体が芯から温まり、血液の流れが加速して、水風呂で血液の流れが締まり、外気浴で再度、全身を駆け巡る。

あまみが出ているときほどしっかりとととのえます。

また、あまみがしっかり出るサウナは良いサウナといえます。

稀にサウナ室が熱いだけで皮膚表面のみ焼かれている感じで体の芯から温まらないサウナというのもあります。

あまみをサウナを選ぶ一つの基準としても良いでしょう。

まとめ

サウナ後に体に出る赤い斑点の正体はわかっていただけたでしょうか。

誰でも初めて体に赤い斑点がでると焦るものですよね。

サウナは体に悪いの?なんて思う人が大半ですよね。

しかし、赤い斑点の正体、あまみの事を知ればサウナにとっては良い現象であるという事がわかります。

あなたが友人とサウナに行って友人が赤い斑点に驚いているときに今回の記事がお役に立てればうれしいです。

更にあまみが出て、ととのい、サウナーが増えるとさらに嬉しいです。

サウナの正しい入り方が分からないという方はこちらも見てみてください。

せっかくサウナに行ったのにととのえないという方はこちらのアイテムが役立ちます。

最後までお読みいただきありがとうございました_(._.)_

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる